万が一事故が起こったら

交通事故はいつ何時起こるか分かったものではありません。たとえ自分が安全運転で走行していても、事故に巻き込まれてしまうこともあるのです。まずは、交通事故トラブルを専門家が解決する流れから見ておきましょう。もし事故に遭われても、冷静に対処できるようになります。

交通事故を解決する流れ

事故の発生

交通事故に遭われた場合、冷静さを保つように努めるようにしましょう。加害者の中には被害者を威圧してくるタイプの人もいるので、すぐに警察を呼ぶようにします。また、事故直後は身体の痛みに気付かないことも多いですが、しっかりと医療機関で診断してもらうのが大切です。

医療機関を受診

事故が発生してからできるだけ早く病院などの医療機関を受診するようにします。体に痛みや違和感がある場合は、その症状などを詳細に伝えましょう。事故の状況なども細かく説明しましょう。外傷がある場合は、写真などを取っておきます。また、医師に診断書も書いてもらいましょう。

治療の継続など

基本的に事故による症状が治ってから示談交渉を行います。通院を終了してから示談交渉を行うのがほとんどでしょう。また、事故から半年経過した段階で症状が治らない場合もあります。この時は病状固定となるでしょう。医師と相談しながら病状固定の時期を決めます。

示談交渉の開始

相手の保険会社からの損害賠償額の提示があるでしょう。示談書への署名と捺印は、賠償額に納得ができる場合に行います。示談書の内容は後から覆すことができないので、慎重に考えましょう。また、示談交渉をスムーズに進めるなら、行政書士などを利用するのが一番です。適切なアドバイスをくれるでしょう。

後遺症等級の認定

後遺症の等級によっても賠償額は変わってくるでしょう。後遺障害等級認定には2種類方法があります。一つは事前認定は後遺障害の申請を、保険会社を通して行う方法です。もう一つが被害者請求で、自分で後遺症の認定に必要な書類を集めます。また、結果に納得ができない場合は異議申し立ても可能です。しっかりと後遺症の認定ももらっておきましょう。

右も左も分からない

交通事故や離婚といったトラブルが起こった時に、何をどうすれば良いのか分からずに困ってしまう人も多いでしょう。しかし、トラブル解決までの流れを覚えておけば安心です。また、専門家の利用方法についても知識を持っておくと良いでしょう。

落ち着いて判断する

トラブルが起こった時は、まず落ち着くことが大切になります。落ち着いて考えれば、正しい判断をすることができるからです。どのような専門家に相談すれば良いのかも分かるようになるでしょう。

専門家を頼るのが交通事故トラブルを解決するベストな方法

男性

出来るだけ早く相談

横浜では、交通事故などのトラブルに遭った場合、弁護士や行政書士などの専門家に相談します。また、この相談するタイミングが早ければ早い程良いと言われているのです。交通事故などのトラブルは放置すると問題を解決しにくくなります。すぐに専門家に相談をしておけば、より早急にトラブルが解消できるのです。

夫婦間のトラブルにも

東京では離婚などのトラブルが起こった時も、弁護士などを利用します。基本的に弁護士を利用することによって養育費や慰謝料などの問題を解決することができるからです。離婚をする場合、親権に関する問題で揉めることも多いでしょう。どちらに親権があるのかもはっきりさせることができます。問題が泥沼化してしまうのを防げるでしょう。

[PR]
横浜で税理士の利用を検討してみよう!
優良事務所を厳選公開☆

専門家を利用する

基本的に交通事故などのトラブルを解決するためには、様々な知識が必要になってきます。素人の場合、何をしていいのか分からなくて困ってしまうでしょう。専門家の力を借りるのが一番なのです。

[PR]
東京の行政書士事務所に相談
業務内容をすぐに確認!

[PR]
相続なら横浜の法律事務所に即相談!
最良の解決策を提示してくれる