保湿がポイント

30代辺りから女性が抱える悩みにほうれい線があります。 しわの一種ではありますが、肌のたるみも大きく影響しています。 年齢を重ねていくとコラーゲンなどの保湿成分が減少し、さらに表情筋という顔の筋肉も徐々に衰えてきます。 肌のハリや弾力がなくなり、支えとなるものがなくなるため、徐々に皮膚が重力の影響を受けてたるんでしまって、境目であるほうれい線が目立ってきてしまうのです。 ほうれい線ケアにまず必要なのが保湿です。 加齢によって肌の乾燥も起こりやすくなるため、しっかりと保湿化粧品でケアしてあげるのが有効です。 また、肌の土台となっているコラーゲンやエラスチンを化粧品で与えてあげたり、コラーゲンを増やしてくれる成分が配合された化粧品を用いるのが良いでしょう。

目元のしわには二つのタイプがあります。 乾燥による細かなしわと、加齢によるくっきりと刻まれてしまったしわです。 見分け方の目安として、お風呂上りの肌が水分に満ちている状態で鏡で見て、しわがなくなっていれば、乾燥によるものなので、保湿化粧品でケアすることで改善していきます。 お風呂上り直後でもしわが消えていなかったら、深く刻まれたしわなので、しっかりとエイジングケア化粧品などでお手入れをしてあげる必要があります。 コラーゲンなどの保湿成分を与えてあげると同時に、コラーゲンを活性化させる成分を与えあげるとより効果的です。 ビタミンC誘導体やレチノールなどはその効果を持っているので、これらが配合されたアイクリームや目元美容液などを使用すると良いでしょう。

Copyright© 2015 ミネラルファンデーションの口コミ【潤いたっぷりプルプル肌】All Rights Reserved.

Reserved. Design by http://f-tpl.com