自己破産が仕事に与える影響はほとんどない

自己破産が仕事に与える影響はほとんどない

弁護士

職業への影響

自己破産手続きから免責事由までの期間弁護士や司法書士などの資格を使って働くことはできなくなります。しかし、一般的なサラリーマンなどの職業であれば、自己破産をしても仕事に大きな影響は与えないでしょう。ほとんどダメージはないのです。

男性

職場へ知られる可能性

一般的に、自己破産をしたからといって職場にそのことが知られてしまうことはありません。そのため、いつも通り働くことができるのです。また、自己破産を理由に仕事を辞めさせられることもないので心配はいらないでしょう。

婦人

就職の難易度

ほとんどの場合、就職面接で自己破産についてチェックされることはありません。わざわざ、官報などを確認する企業も少ないでしょう。基本的には就職への影響もないのです。ただし、保険会社や金融機関の場合は自己破産についてチェックされます。

役立つ自己破産の知識

男の人

ギャンブルなどの借金

基本的にギャンブルなどの遊びで借金を作ってしまった場合は、自己破産することができません。ただ、場合によっては免責を許可されることもあるので弁護士や司法書士に相談してみましょう。

ローンも免責になる

自己破産すれば、借金を全て免責にすることができます。例えば、消費者ローンなども免責になるでしょう。ローンの返済からも解放されるのです。

銀行口座は持てる

自己破産をした後も銀行口座を開設することがでいます。また、銀行の通帳を持つことも可能でしょう。しかし、銀行口座にカードローンなどの借入があれば口座が凍結されるので注意です。