遺産を相続する際に必要となってくる手続き

遺産を相続する際に必要となってくる手続き

男女

戸籍を集める

横浜では遺産の相続が発生した場合、故人の戸籍を収集します。基本的に戸籍はいくつか収集する必要があるでしょう。故人が生まれた時から亡くなった時までの戸籍を集めなければなりません。弁護士や司法書士に集めてもらうと良いでしょう。

辞書と天秤とジャッジガベル

税金の申告

遺産を相続する場合には、相続税を申告しなければなりません。千葉では相続発生から10ヶ月以内に相続税を申告する必要があります。また、税金の納付も深刻と同時に行うでしょう。基本的に税金の相談については、税理士が担当してくれます。

弁護士

相続人を決める

一般的に相続人を決めなければ、遺産を相続することはできません。また、遺産の分与に関して争いが起こるでしょう。そのため、遺産の相続が発生した場合には、相続人を決めなければならないのです。専門家と相談しながら公平に決めましょう。

相続人に関する比較

相続人が決まっている

遺産の相続人が既に決まっている場合は、相続に関して大きなトラブルが起こることもないでしょう。相続人が決まっていない場合と比べると、無駄な争いをしなくて済むのです。

相続人が決まっていない

相続人が決まっていない場合は、相続人が決まっている時よりも遺産相続に関するトラブルが多くなります。特に、遺産分割の割合で揉めやすくなるので注意が必要です。